ニキビ跡の基礎知識

ニキビ跡の基礎知識をまとめてみました。
ニキビ跡と一言でいっても、ニキビ跡には種類があり、
キレイに改善するのは、ニキビ跡の状態に合った
ケアをすることが大切です。
ここでは、ニキビ跡の基礎知識を学びましょう。

 

赤みのあるニキビ跡
ニキビの炎症のダメージにより、毛細血管が集まって

溜まってしまうため、表面が赤くなってしまいます。
ニキビ跡が残るのは、肌のターンオーバーが正常に
行われていないのが原因です。赤みのあるニキビ跡は
他のニキビ跡と比較すると軽度の状態なので、
肌のターンオーバーが正常化するよう、生活習慣を
見直し、保湿を重視した正しいスキンケアを行いましょう。

 

茶色いシミのようなニキビ跡
ニキビは治っているのに、茶色いシミのようなニキビ跡が
残っている大きな原因は「メラニン色素」です。
色素沈着を改善するためには、UVカットを徹底し、
ビタミンC誘導体などの美白成分が配合された
ニキビケア化粧品でケアを行いましょう。

 

凸凹クレーターのニキビ跡
ニキビを潰したり、間違ったスキンケアなどが原因で
皮膚組織がダメージを受けて破壊されると、
ターンオーバーが正常に行われず、真皮の部分が
落ちくぼんで凸凹の状態になってしまいます。
凸凹クレーターのニキビ跡の場合、自分だけのケアでは
完全にキレイに治すことは難しいとされていますが、
ニキビ跡美容液、角層美容液などで毎日スキンケア
徹底することで、目立たなくなる期待も大きくできます