ニキビにNGな成分とは

ニキビにNGな成分とはどのようなものなのでしょうか?
ニキビ跡がある場合、肌の状態は非常に敏感なので、
次のような成分には注意が必要です。
ここでは、ニキビにNGな成分をまとめてみました。

 

石油系合成界面活性剤
洗浄力を高める作用のあるラウレス硫酸Na、

ステアリン酸グリセリルなどは、肌荒れを
引き起こす可能性があるとされています。

 

合成ポリマー
メイクの持ちを良くする作用のあるシリコン、
カルボマー、ポリエチレンなどは、強いクレンジングで
落とす必要があるため、肌へ大きな負担となります。

 

紫外線吸収剤
サリチル酸オクチル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルなどは、
化学反応を起こすため、肌に大きな刺激になります。

 

香料
香料にはさまざまな種類がありますが、中には、
紫外線を浴びると成分が変化するものがあります。

 

タール色素
メイクを落ちにくくし、発色を良くする色素ですが、
紫外線を浴びると、色素沈着を加速させると
いわれています。