ニキビ跡の種類別に美容液を選ぶ

ニキビ跡と一言でいっても、大きく分けると3種類あります。
それぞれのニキビ跡の種類別に美容液を選ぶポイントを
分かりやすくまとめてみました。

 

赤みが残るタイプのニキビ跡
ニキビの炎症でダメージが受けた皮膚が、腫れが治ったにも
関わらず、修復しようと毛細血管を張り巡らせることで

赤みが残る、もっとも多いニキビ跡です。
ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸、サルチル酸などの
有効成分が配合された美容液がオススメです。

 

茶色いシミ・色素沈着タイプのニキビ跡
ニキビの炎症が原因でメラニンが大量発生したメラニン
茶色いシミや色素沈着を引き起こします。
メラニンの発生を抑えるハイドロキノン、アルブチン
プラセンタエキスなどの美白効果の高い有効成分
配合された美容液がオススメです。

 

凸凹クレータータイプのニキビ跡
炎症を伴うニキビで皮膚組織が破壊され、肌内部が
ダメージを受けて再生能力が低下し、肌表面が
月の表面のように凸凹した状態のニキビ跡です。
ダメージが肌の奥深くまで及ぶと手強いですが、
毛穴を引き締めるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなど、
保湿効果が高く、肌を回復させる有効成分
配合された美容液がオススメです。

 

ニキビ跡の種類別に美容液を選ぶことで、
早い改善が期待できるでしょう。